img

コラム

           
プロジェクトマネジメントとは?必要なスキル4つや将来性を紹介

「プロジェクトマネージャーを任されたが何をして良いか分からない」

「マネジメントができる人材になって出世したい」

このような悩みや思いを抱えている方は、多くの職場にいます。

プロジェクトマネージャーをきちんと務めるには、相応のスキルが必要です。

ここでは、プロジェクトマネジメントについては必要なスキルを紹介します。

今プロジェクトマネジメントを任されている方はもちろんですが、これから目指す方もぜひ参考にして下さい。

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトマネジメントでは、納期が決められたプロジェクトを成功へ導くために綿密な計画を立てコントロールしていきます。

プロジェクトマネジメントを正しく遂行することで、メンバーの皆が効率的に業務を進めることが可能です。

例えば、システム開発において多くの場合プロジェクトマネージャー(PM)が立てられます。

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトの成否を大きく左右するものなのです。

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーは、実際にプロジェクトの計画を立ててコントロールしていく役割を与えられた人を指します。

納期に合わせて、マイルストーンの設定や成果物の品質管理・メンバーの管理など幅広い業務の遂行が求められます。

システム開発のプロジェクトマネージャーの場合、システムエンジニアのマネジメントも行うのでシステムについての知識も必要です。

プロジェクトマネージャ―の担当業務範囲は、プロジェクト全体の管理及び推進まで多岐に渡ります。

プロジェクトリーダーとの違いとは

プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーと比べると業務範囲が狭まり、チーム単位の責任者となります。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の成否に責任を負いますが、プロジェクトリーダーは現場でプロジェクトを推進する責任を負います。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト責任者、プロジェクトリーダーはプロジェクトの実行責任者と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャー主にシステム開発プロジェクト進行において、複数のメンバーをまとめて、プロジェクトの進行を管理します。

業務範囲は多岐に渡りますが、例えば以下のような業務が挙げられます。

  • プロジェクトの企画・立案
  • 予算と期間にあわせたメンバーの選定・手配
  • プロジェクト全体のスケジューリング
  • システム開発やテスト・調整と納品

管理者としての資質も必要ですが、進行中のプロジェクトに対する専門的な知識も必要とされるため、比較的高度な能力が要求される職種です。

プロジェクトマネジメントに必要なスキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキル4つをここで紹介致します。

  • 管理スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 問題解決・分析スキル
  • 提案・交渉スキル

管理スキル

プロジェクトマネジメントにはスケジュールや予算・人材を管理するスキルが求められます。

プロジェクトには納期や掛けられる金額や人員などに制限があるからです。

管理スキルが高ければ、場合によってはよりコストを削減しつつ、納期を早めることも期待できます。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーはコミュニケーションスキルが求められます。

プロジェクトマネージャーは自分の伝えたいことを的確にメンバーに伝わるように指示しなければなりません。

また、メンバーがのびのびと働ける環境や雰囲気作り、新規メンバーの育成も求められます。

例えば、それとなくメンバーに困っていることがないかを確認し助けることが大切です。

会話術に留まらず、多角的な視点でコミュニケーションスキルを高めましょう。

問題解決・分析スキル

マネージャーには問題解決スキルと分析スキルが欠かせません。

問題解決・分析スキルが乏しいと、場当たり的な対処しかできずに根本的に課題が解決されないままプロジェクトが進みます。

もしプロジェクトに問題が発生した際、問題解決スキルと分析スキルが乏しい場合、解決方法の見当がつかないか、ついたとしても時間がかかり過ぎてしまいます。

プロジェクトの成功確率を上げるためにも、プロジェクトマネージャーは問題解決・分析スキルの高さが求められます。

提案・交渉スキル

プロジェクトマネージャーは顧客との折衝を担うことが多く、特に提案・交渉スキルが必要です。

また社内会議に出て各部門や上司との調整を取りまとめることも多いので、多様な場面で提案・交渉スキルが必要とされるでしょう。

例えば、自分たちがやりやすくプロジェクトを進められるように顧客との合意を取り付けるのに提案・交渉スキルが活きてきます。

提案・交渉スキルがあれば、よりスムーズにプロジェクトを進められるのです。

プロジェクトマネジメントに必要なスキルの身につけ方

プロジェクトマネジメントに必要なスキルの身につけ方をここでは紹介していきます。

本から学ぶ

プロジェクトマネジメントに関する書籍は多数存在し、本から学ぶこともおすすめです。

自分に合った知識を自分のペースで身につけられるのが特徴です。

例えば、毎日忙しい方でも移動中や寝る前のちょっとした時間で勉強できます。

日々の仕事で忙しくされている方でも、比較的進めやすい勉強法です。

実践で失敗を重ねる

学習することは大切ですが、実践で失敗しながらも経験を積むことで飛躍的に能力が高まります。

ですがプロジェクトは失敗が許されないことがほとんどなので、実際に実践で失敗を重ねていくことは難しいでしょう。

そのため例えば、研修を利用して疑似プロジェクトの進行を管理してみたり、失敗体験の中から反省・学習していく問題解決型学習のeラーニングを活用することが考えられます。

疑似的なプロジェクトでも、真剣に取り組めば実務にも大きく活かせるでしょう。

プロジェクトマネージャーへのキャリアパス

プロジェクトマネージャーは一定の経験を積んだ人のみがなれるポジションであり、なりたいと思ってすぐになれるものではありません。

一般的には、平社員やプロジェクトのメンバーとして経験を積む所から始まります。

その後実力を認められれば、プロジェクトマネージャーの前にプロジェクトリーダーなどの管理職を経験し、プロジェクトリーダーでも更に実績を積めばプロジェクトマネージャーにいたります。

ただし例外も多く、研究開発部門や専門職を経験してからプロジェクトマネージャーになる場合など、プロジェクトマネージャーへのキャリアパスは豊富です。

どのようなルートであれ、高度な知識と実績が求められることに変わりはないでしょう。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーの将来性は高いと言えます。

需要も高く、AIが発達しても取って代わられる可能性は比較的少ないでしょう。

また、プロジェクトマネージャーとして実績を積めば会社の幹部や経営層になったり、特定の分野の専門家としてコンサルタントになったりすることが可能なので、キャリアパスが豊富に描けます。

給与も比較的高いので、将来性は抜群と言えるでしょう。

プロジェクトマネジメントのスキル習得におすすめの資格

ここでは、プロジェクトマネジメントのスキル習得におすすめの資格を2つ紹介します。

紹介する資格は、以下の通りです。

  • プロジェクトマネージャ試験
  • PMP

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施している国家試験で、プロジェクトを適切に組織・運用する能力が問われます。

合格率は年によって変わりますが約15%と、難関資格として知られています。

ですが取得できれば市場から高い評価が得られるため、チャレンジする価値のある資格です。

PMP

PMPはプロジェクトマネジメント関連の国際資格で、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が実施しています。

PMPは受けるためにも一定の条件があり、大卒の場合以下の経験が必要です。

  • 36か月のプロジェクトマネジメント経験
  • 4,500時間のプロジェクトを指揮する立場での実務経験

高卒の場合は更に厳しく、以下の経験が必要になります。

  • 60か月のプロジェクトマネジメント経験
  • 7,500時間のプロジェクトを指揮する立場での実務経験

合格率は正式に公表されていませんが、大体合格率は60%程度と予想されています。

合格率は高いですが、受験までのハードルが非常に高いことを考えるとこちらも易しい試験とは言えません。

また受験料も高く、非会員であれば555 USD(約64,000円)が掛かるので、もし受けるのであれば一発合格を狙いましょう。

まとめ:プロジェクトマネジメントに必要なスキルを身につけよう

今回の記事の内容を以下にまとめました。

  • プロジェクトマネジメントはプロジェクトを成功させるのに必要不可欠である
  • プロジェクトマネージャーの業務はプロジェクト全体の管理及び推進まで多岐に渡る
  • プロジェクトマネージャーは多方面の高度な能力が要求される
  • プロジェクトマネージャーは将来性が抜群で、キャリアパスも豊富
  • プロジェクトマネージャ試験とPMPはプロジェクトマネジメントのスキル習得におすすめ

プロジェクトマネジメントは比較的抽象的なスキルが求められるため、学習は粘り強く取り組む必要があります。

ですが一度習得してしまえば、実務に大いに生かせるうえに、将来のキャリアパスも広がります。

興味がある方は、まずは書籍からプロジェクトマネジメントについて学んでみてはいかがでしょうか。

もっとTOCやCCPMなどのプロジェクトマネジメントを知りたいという方は、以下の無料資料から詳細をご覧ください。

無料資料ダウンロードへのリンク

弊社コンサルタントにもPMP資格保持者がおり、我々はプロジェクトマネジメントのプロフェッショナル集団です。

ビーイングコンサルティングではプロジェクトマネジメントの指導や導入をアシストしていますので、プロジェクトマネジメントに課題を感じられている方は、ぜひ弊社へご相談下さい。

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
6月29日開催 【IT業界関係者必見】元SEが解説する「プロジェクトマネジメントのアンチパターン」とは?
ビーイングコンサルティング
6月22日開催 【成功の理由を知る】TOC/CCPM導入による生産性向上事例セミナー ※HP非公開の事例もご紹介します。
ビーイングコンサルティング
6月15日開催 【経営判断の遅れ/ミスが命取りに…】的確な経営判断を倍速で実現するプロジェクトマネジメント革新セミナー
news
5 月連休に伴う休業のご案内
Internet Explorerのサポート終了に伴う『BeingManagement3』の対応について
新年のご挨拶
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top