img

コラム

           
プロジェクト成功のカギ ~マルチタスク~

今回のテーマは「マルチタスク」です。またマルチタスク? と感じられたみなさま、いつも私たちのブログをお読みいただきありがとうございます。
はい、今回も…「マルチタスク」はそれだけ大事なトピックなのです。ただし、今回は少し違った角度から。

まず、マルチタスクは良くないと言われますがなぜでしょうか?
それは、マルチタスクは我々からスピードを奪い、プロジェクトの納期を危険にさらすからです。

もう少し書くと、マルチタスクでスピードが奪われ、タスクが遅れ、時間に追われ、つい多くのことに手を付けて、さらにスピードを失う…という悪循環に陥る、だから良くないのです。

時間に追われると品質まで低下します。品質が落ちると後戻り作業が増えて余計に時間に追われます。そして、プロジェクトが危うくなるだけでなく、商品やサービスに対するお客様の信頼まで失うことにもなりかねません。だから、本当に、良くないのです。

しかし、そもそも、なぜ我々はマルチタスクをうまくやれないのでしょうか?

ある研究によると、2つの事を同時にやろうとすると、脳内のあるリソースが一度にどっと消費され、そのリソースには限りがあるため、それぞれが干渉、抑制し合ってエラーが増えたり応答時間が遅くなったりするそうです。つまり、マルチタスクによって「脳力」が奪われる、だから我々はうまく「マルチタスク」できないのです。

我々は知っています。だからマルチタスクは良くないし、逆に、マルチタスクをやめることでスピードが取り戻せ、タスクの完了ペースが上がり、時間に追われるプレッシャーから解放され、一つのことにもっと集中できてスピードがさらに加速する、という好循環が生まれることを。

しかし、ここまで分かっていてもやめられないのがマルチタスクのやっかいなところ。

どうして我々はマルチタスクしてしまうのでしょうか?

マルチタスクは以下からくるプレッシャーで生まれます。
1. 目の前にタスクがたくさん並んでいる
2. どれも大事で優先度を決めきれない

逆に、以下ができればマルチタスクはやめられます。
1. 目の前にタスクを並べない
2. タスクの優先度を決める

もし「目の前にタスクを並べない」が可能なら、すぐにでもやりましょう(みなさんが誰かの上司なら、部下の目の前にタスクを並べないのは、みなさんにしかできない大事な役目です)。しかし、そうはいかない場合もよくあります。だからこそ、「タスクの優先度を決める」がより重要になります。

「タスクの優先度を決める」、どうすればできるでしょうか?

こう聞かれてすぐ、「どうすれば “正しい優先度” を決められるのか…」、と考えたなら少し待ってください。大事なのは、タスクの優先度を決めて一つずつ順番にやること、つまり「マ ル チ タ ス ク を し な い」こと、です。もちろん優先度の「正しさ」も大事です。しかし、マルチタスクで奪われているスピードはとても大きいので、タスクを一つずつ順番にやるだけでもスピードが上がり、これまでよりもずっと早くタスクが完了していきます。ですから、まずは、優先度の「正しさ」は少し横に置いておきましょう。

ではどうすればいいか、一番シンプルな方法はサイコロを振ることです。「そんなええかげんな…」と思われたかもしれません。しかし、サイコロで決めた優先度でも、とにかく一つずつ順番に実行しさえすればスピードが上がり、タスクは確実に早く完了していきます。本当です。そして、スピードが上がれば順序はどうでもよくなります…究極的には。
繰り返します。マルチタスクで奪われているスピードはとても大きいのです。マルチタスクをやめてスピードを取り戻すための第一歩は、とにかく「タ ス ク の 優 先 度 を 決 め る」ことです。

しかし、実際のプロジェクトでサイコロを振るわけにはいきません(もし、私がサイコロでタスクを決めていたら、誰も私を信用してくれないでしょう)。もう少し信頼できる、誰でも、いつでも、きちんとやれるシンプルな方法が必要です。

どうすれば、サイコロより信頼できて、しかも、サイコロくらいシンプルに、タスクの優先度を決めることができるのでしょうか?

その答えはCCPM(クリティカル・チェーン・プロジェクト・マネジメント)にあります。CCPMは、「そもそも、ものごとはシンプルである」という信念に基づいて、マルチタスクを撲滅すること、信頼できるタスクの優先度をシンプルに直感的に決めることを、トコトン追求して生まれたプロジェクト管理の手法です。

今回のまとめ:
プロジェクト成功のカギは、「マルチタスク」の撲滅とそれを可能にしてくれるCCPMである。
CCPMに可能性を感じていただけましたでしょうか?
次回も「マルチタスク」について、また少し違った角度から書く予定ですのでご期待ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

以上

株式会社ビーイング
取締役 開発部長
宇治川 浩一

 

この記事は、弊社サイトで過去に掲載していた内容を再掲載しております。

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
12月9日開催 【チームから始めるTOC/CCPM】「自律型」チーム改善活動セミナー
※2020年度TOCシンポジウム発表講演も特別公開!
ビーイングコンサルティング
12月2日開催 不確実性が高すぎる上流プロセス(研究開発/要素開発/要件定義)をマネジメントする
【新知識:UP-CCPM】上流プロセスCCPMセミナー
ビーイングコンサルティング
【終了】11月18日開催 「いまやるべきではないこと」は緑!
【マルチプロジェクト編】CCPM導入セミナー
news
夏期休業のご案内
5 月連休に伴う休業のご案内
テレワーク実施期間延長のお知らせ
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top