ビーイングコンサルティング

プロジェクト管理

プロジェクトマネジメントのポイント

”悪い”マルチタスクを防止し、プロジェクト/タスクにリソースを集中できる環境構築が重要です。TOCを活用した管理体制にすることで、リソースを共有する複数のプロジェクトが同時に実行される「マルチプロジェクト環境」でも問題点、課題を改善し、より早い期間で、より多くのプロジェクトを完了することができます。

”悪い”マルチタスクを防止

マルチタスク自体は良いことでも悪いことでもありません。しかし、現在着手中のタスクが“完了する前”に、その実行中タスクを一旦停止して他のタスクに着手してしまい、結果としてどのプロジェクトの早期完了にも寄与せず、プロジェクトリードタイムの長期化に影響しているケースを、”悪い”マルチタスクと呼びます。

その”悪い”マルチタスクを防止するために、プロジェクト/タスクの投入コントロールや優先順位付けを徹底します。

プロジェクト/タスクにリソースを集中する

”悪い”マルチタスクの状態を抜け出すために、ひと目でプロジェクトの納期に対する危険度や優先順位、さらには複数プロジェクトを横断した全タスクの優先順位を明確にします。優先順位付けの迷いや”悪い”マルチタスクによる弊害を取り除くことで、プロジェクト/タスクの停滞を最小限にし、プロジェクト/タスクが組織内をスムーズに流れる状態を目指します。

プロジェクト管理のよくある問題点

  • ・納期が守れない(納期短縮のプレッシャーが強い)
  • ・計画よりもコストが膨らむ
  • ・品質がなかなか上がらない
  • ・残業・休日出勤が多い
  • ・いつもリソースが不足している
  • ・仕様変更による手戻りが多い
  • ・プロジェクトやタスクが溢れかえりマルチタスクになっている

プロジェクト環境における問題点は、どのような業種や業務内容によっても共通しています。その問題点の根本的な問題を特定。私たちはポイントを絞って、その根本問題の改善にあたります。

解決の方向性

従来は、生産的な時間短縮などでプロジェクト期間を短縮させることが通例でした。しかし、多くの企業ではすでに生産時間をぎりぎりまで切り詰めているのが現状です。

そこで私たちは、リードタイムを大幅に短縮するため、”停滞時間”に着目したプロジェクトマネジメントの改善を提案。「CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)」という管理手法を使用し、主に3つの解決の方向性によって様々な問題に対応していきます。

CCPMベーシックコース

パイプラインマネジメント

全体最適なフローを重視した「パイプラインマネジメント」を導入することで、優先順位を明確にし、快適なプロジェクト環境を構築します。制約を考慮し、最適なタイミングでプロジェクトやタスクを投入することで、プロジェクトやタスクの詰め込みすぎによる停滞や滞留を大幅に防止します。

フルキット

プロジェクトや次フェーズの開始に向けて、大きな手戻りや停滞を防止する為に、準備すべき項目をチェックリスト化。抜け漏れや人それぞれの認識違いを回避します。また余計な手戻りやプロジェクト停滞防止だけでなく、品質の前倒しにも効果的です。

バッファマネジメント

プロジェクト全体の進捗とプロジェクトのバッファ(安全余裕)を見える化することで、もしも遅れが発生した場合でも、バッファで遅れ分を吸収して対応します。またプロジェクト全体を見える化することで各タスクの優先度も明確化され、”悪い”マルチタスクを防止することができます。

       
               
img

service 01

プロジェクト管理

Project Management
img

service 02

戦略と戦術

Strategy&Tactics
img

service 03

思考プロセス

Thinking Process
img

service 04

サプライチェーン/生産

Supply Chain / Production
case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
7月15日開催 【経験豊富なチーフコンサルタントによる事例紹介】TOC/CCPM導入事例セミナー
(※HP非公開の新事例もご紹介します。)
news
5 月連休に伴う休業のご案内
テレワーク実施期間延長のお知らせ
新型コロナウイルス対策のためのテレワーク実施のお知らせ
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top