img

コラム

           
プロジェクト管理に最適なCCPMソフトを紹介!メリットや選び方をプロが解説

「プロジェクト管理に最適なCCPMソフトウェアが知りたい」と気になってはいませんか。

改善できる部分はたくさんありそうだけど、なかなか進まない…なにかいい方法を探している!という方も多いでしょう。

悩みの尽きないプロジェクト管理に最適なマネジメント手法の手法として、現在多くの企業で活用されているのがソフトを活用したCCPMです。

有益なマネジメント手法ならば、ソフトウェアで効果的に導入したい!という方のために、今回はCCPMに特化したソフトウェアについてご紹介していきます。

CCPM導入がプロジェクト管理に与えるものとは

まずは、CCPMによってどのようにプロジェクト管理を改善できるのか、イメージを膨らませていきましょう。

ここではCCPM導入がプロジェクト管理に何をもたらすのかお伝えしていきます。

CCPMの導入でプロジェクトの何が変わる?

CCPMを導入することによる最大の目的は「納期に遅れることなくプロジェクトを完了する」ことです。

それ以外にも、CCPMを導入することで、プロジェクトにどのようなメリットをもたらすのか解説していきます。

CCPM導入のメリットは主に以下の2点です。

  • プロジェクト全体に影響を及ぼすタスクがわかる
  • プロジェクトの遅れ具合を把握できる

ブラックボックスになっている箇所が明確になり、また全体から見て現状がどうなのか把握できることで、遅延の発生を防げます。

CCPM導入では具体的に何をする?

では、実際の導入では具体的に何を行っていく必要があるのでしょうか?

CCPMの導入手順は大きく3プロセスにまとめることができます。

  1. プロジェクトを構想する
  2. ネットワークを構築する
  3. CCPM式にスケジュールを再構築する

やみくもに取り組んでいたプロジェクトを見える化し、開始前から全体像を見渡し計画することで、今までにはできなかった見通しの良い管理が可能になります。

一人ひとりがCCPMに対する理解を持つことで、導入はとてもスムーズ進みます。

しかしながら、人の力だけではどうしても管理が曖昧になりがちなのも事実です。

そこでおすすめしたいのが、専用ソフトを使用したCCPM導入です。

ソフトを使ってプロジェクト管理をより簡単に!

CCPMによるプロジェクト管理の改善効果について、実感していただけたでしょう。

スムーズな導入のひとつの方法が、専用ソフトウェアを使用し、改善を行うこと。

ここからは、CCPMのコンサルティングに携わってきたプロ集団であるビーイングコンサルティングが、本当に使えるソフトをご紹介いたします。

まずはどのような視点でソフトウェアを選ぶべきかをチェックしてみましょう。

ソフトを選ぶ際のチェックポイント

企業用ソフトウェア選びで迷ってしまう方は少なくありません。

どれも一長一短、どれも優れているようにも見える……そんな経験はありませんか?

ここでは、ソフトウェアの選定で必ず抑えておきたいポイントをまとめました。

導入形態を確認しよう

まずは、どのような形態のソフトウェアであるかを確認しましょう。

ソフトウェアの形態は大きく2形態に分けることができます。

  • クラウド型
  • インストール型

クラウド型はどこからでもアクセスできる、ブラウザで完結できるといったメリットがありつつ、セキュリティ面で不安がないかしっかり確認する必要があります。

それに対し、インストール型はソフトの月額使用料がない点がメリットです。一方、使用台数に大きな制限があったり、アップデート作業が面倒だったりするなどのデメリットがあります。

企業の規模や使用する人数・使用するデバイスの形態など、導入にまつわる様々な条件を洗い出すことで、ベストな判断が可能になります。

料金プランを確認しよう

もうひとつ、気になるのが料金体系でしょう。

価格の面では大きく2種類に分けることができます。

  • 月額支払い・サブスクリプション
  • 一括支払い・買い切り型

月額支払いは、クラウド型のソフトウェアに多い料金体系です。

やめたいときにすぐやめられるというメリットがありつつも、ずっと費用がかかる、また料金改定の可能性が常にあるということで抵抗のある方も少なくありません。

一括支払いは、インストール型のソフトウェアに多い料金体系です。

一度購入してしまえば追加料金はかからないので安心して使用することができる一方、一度の支払い額が膨大になるため、購入には慎重な検討が必要になります。

使用人数で価格が変わるもの、価格によって機能制限があるものなど、ステップが設けられている場合も。

会社の状況を精査して、ベストなプランを選択しましょう。

また、ソフトウェアによってはお試しプランや無料期間などが設定されているものもあるので、実際に使用してみて検討するのもおすすめです。

一番のおすすめは「BeingManagement3」

使いやすさや機能面から、いま一番おすすめしたいCCPM導入ソフトが「BeingManagement3」です。

正しく導入することで、納期遵守率向上、リードタイム短縮および余剰キャパシティの有効活用が図れると話題のソフトウェアです。

ここでは、主な機能をまとめてご紹介していきます。

ポイント①最低限の情報のみで現状を見える化できる
プロジェクトの開始日、納期、リソースの情報を直感的に一覧できる画面設計

ポイント①最適なタイミングでリソースを確保ができる
プロジェクトの危険度や作業の優先度を色分けして表示でき、直観的な理解が可能

ポイント①大局を捉えることができ、遅れを事前に察知できる
色分けしたグラフで日々の変化を俯瞰で見ることができ、プロジェクトの「現在」がわかる

多くの企業で使用され「これは使いやすい!プロジェクト管理が変わった!」と好評のソフトウェア「BeingManagement3」。
ぜひ一度検討してみてくださいね。

まとめ:ソフトを使ったCCPM導入でプロジェクト管理は大きく改善!

ソフトウェアを活用することで、CCPMの導入やプロジェクト管理は格段にスピーディかつ円滑に進みます。

機能面や使いやすさで特におすすめなのが、今回ご紹介した「BeingManagement3」です。

ビーイングコンサルティングでは随時、「BeingManagement3」の活用セミナーも開催しております。

ご興味のある方は、まずは無料資料よりぜひご検討ください。

無料資料ダウンロードへのリンク

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
2月15日開催 【”変革したい” VS “変革を避けたい”の対立から抜け出す!】 プロジェクトマネジメントと組織に変革をもたらす条件とは
ビーイングコンサルティング
2月8日開催 【『ザ・ゴール』流で回避しよう!】マネジメント改善の失敗を招く「3つの危険な罠」
ビーイングコンサルティング
2月1日開催 【コンサルタントが舞台裏まで解説】生産性大幅アップ事例セミナー
news
新年のご挨拶
年末年始の営業についてのご案内
夏期休業のご案内
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top