img

コラム

           
マルチタスクって悪いこと? 歩きスマホも悪いマルチタスク!?

前回「悪いマルチタスク」が本当に効率を低下させているかどうかを実感できる簡単なゲームをご紹介しました。

この仕事の効率を下げてしまう「悪いマルチタスク」。

組織のフローを阻害する元凶とも言われ、改善するだけで飛躍的な効率化が期待できます。

一方で、

「マルチタスクは本当に悪いことなのか?」

「マルチタスクで行ったほうが効率は良いはずだ」

「マルチタスクで行わないと間に合わない」

という声をお聞きすることがあります。

1つのリソース(人、機械など)が“複数のプロジェクト”の“複数の作業”に割り当てられていることはよくある状態です。

問題は「現在実行している作業を中断して、他の作業を実行する」ことで生まれてしまいます。

日常生活の中で、「悪いマルチタスク」によって起こっている問題をいくつか。

例えば、「歩きスマホ」。

歩きスマホを実行している本人としては、

・歩いて目的地に向かう

・スマートフォンで情報を収集/発信する

という2つの作業を同時に実行しており、効率的だと感じているのでしょう。

しかし、一般的には「歩きスマホ=悪い」となっています。

なぜ、歩きスマホは良くない、歩きスマホは禁止といわれているのでしょうか?

目的地に向かって“安全に”歩くためには、周辺の歩行者や自転車/自動車といった状況を随時把握し注意を払いながら、「最適な速度で歩く」、「ぶつからないように避ける」、「歩くのを止める」といった対応を行う必要があります。

一方で、スマートフォンを操作するためには、画面に表示される情報に注意を払わなければなりません。ニュース記事を読むことに集中してしまうことや、Facebook、LINE、TwitterといったSNSで文章を作成することに集中してしまうこともあるでしょう。

その瞬間、“2つのことを同時に実行する”ことになります。

まさにマルチタスクの状態ですね。

現在実行している作業を中断して、他の作業を実行するということが、常に行われている状態になります。

“歩くこと、スマホを見ることは中断していないではないか“と思われるかもしれませんが、各作業に対する自分自身の“注意力”は中断と再開を繰り返しています。注意力が片方の作業に向いた際、もう片方の作業には必要十分な注意力が向いていないことになります。注意力が散漫になってしまいます。

結果として、周辺の人に衝突する、自転車/自動車と接触する、スマホを落とすといった問題を引き起こし、本人のみならず、周囲の人に迷惑をかけてしまうのです。

それは、時には甚大な問題に発展することさえあります。

自動車を運転する際に携帯電話を操作することが禁じられるようになったことも、まさに悪いマルチタスクを防止し、最悪な結果を生まないために取られた対策です。

他にも流れ(フロー)が阻害されていることもよくあります。

駅や商店街などで歩いている時、もう少し早く歩きたいのに、前の人が歩くのが遅くて思うように進めないという経験をされたことはないでしょうか。よく見るとその前の人はスマートフォンを操作していて、歩くスピードが周辺よりも遅くなっていたということも。

悪いマルチタスクによって注意力散漫となり、フローが阻害されている典型的な例です。
このような現象は、組織の中でも起きています。

人間の注意力には限界があり、同時に実行できることは本当に限られています。

その注意力を損なわない状態を構築して、上手くフローを維持することができれば、悪いマルチタスクになるよりも、より早く、より良い品質のものが完成するのではないでしょうか。

以上

シニア・コンサルタント
後藤 智博

 

この記事は、弊社サイトで過去に掲載していた内容を再掲載しております。

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
8月31日開催 【いまこそ“変革”を実現しよう!】
”変革を起こしたい VS 変革を避けたい”の対立から抜け出す!
『プロジェクトマネジメントと組織に変革をもたらす条件とは』
ビーイングコンサルティング
8月24日開催 体験できるから理解が深まる
【CCPM流】プロジェクト計画の見える化ワークショップセミナー 2021夏
ビーイングコンサルティング
8月17日開催 【もう悩まない】プロジェクトの不安をなくす!
CCPMで見直すプロジェクトマネジメントセミナー
news
夏期休業のご案内
Youtubeチャンネルを開設しました
5 月連休に伴う休業のご案内
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top