img

コラム

           
プロジェクトマネジメントのスキルアップの方法とは?ポイントも紹介

プロジェクトマネジメントのスキルアップは、ポイントをおさえることで効率的に実現が可能です

「しかし、おさえるべきポイントがわからない」「学びの機会がない」と、お困りのプロジェクトマネージャーの方も多いと思います。

そこで、今回の記事では、プロジェクトマネジメントにおいて求められるスキルと、スキルをアップするためのポイントを解説していきます。

さらに、プロジェクトマネジメントについて学べる方法についても紹介。

プロジェクトマネジメントのスキルアップに必要なポイントを知り、学びの機会を利用しながらプロジェクトマネージャーとしての実力を上げましょう。

プロジェクトマネジメントとは?

プロジェクトマネジメントとはプロジェクトを成功に導くために、計画を立てて全体をコントロールすることを言います。

プロジェクトを成功に導くには、以下の要素が必要です。

  • 納期を守る
  • 予算内で実行する
  • 目標基準である品質を達成する

上記に加え、目標の利益を達成することでプロジェクトは成功すると言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーには各要素をコントロールしながら、プロジェクトを進行していく必要があります。

プロジェクトマネージャーに求められる4つのスキル

プロジェクトマネージャーに求められるスキルは、非常に高度です。

責任も重大であり、プロジェクトがうまくいかなかった場合、プロジェクトが中止する可能性があります。

予算や納期を大幅に超すようなことがないよう、プロジェクトマネジメントには全体をコントロールする能力が求められるのです。

具体的に必要なスキルは数多くありますが、一部を解説していきます。

分析力と問題解決力

プロジェクトマネジメントでは、問題がなぜ起こるかを分析するスキルが必要です。

さらに、適切な時期に、問題を解決するための施策を実行する迅速さも求められます。

問題を解決しながらプロジェクトを適切な方向へ修正していかないと、修正のきかない納期遅延など、より大きな問題につながってしまうでしょう。

問題に対する分析力と解決力は、プロジェクトマネジメントにおいて必要不可欠なスキルです。

統率できる能力

プロジェクトは長期に渡り実行されるケースが多いため、メンバーのポテンシャルを高め、適切な指示・指導ができるスキルも求められます。

プロジェクトの成功とは何かを明確に定義し、メンバーに共通意識を持たせることも大切です。

状況に応じたリソースの最適な配置や、移動も欠かせないでしょう。

以上のように、プロジェクトマネジメントでは全体の意識やリソースをまとめて、コントロールする統率力が求められます。

柔軟な対応力

クライアントや顧客の求める品質の達成を図りつつ、自社の利益を最大化することでプロジェクトは成功するでしょう。

つまり、クライアントと自社の前提条件をすり合わせ、必要に応じて調整していく柔軟性も求められます。

チームマネジメントと品質管理を確認しつつ、スケジュールや予算が圧迫されないような対応が必要です。

よって、予算や品質、納期を守りながらプロジェクトを完了させるには、柔軟な提案力や交渉力も求められます。

知識と経験

プロジェクトマネジメントでは、業界に関する知識や経験も求められます。

現場で何がおこなわれているかを把握していなければ、適切な問題解決の施策は実行できないからです。

さらに、クライアントとの交渉時や進捗の報告の際にも、相手にわかりやすく伝える必要があります。

プロジェクトマネージャーはマネージャーとしての立場を守りながら、基本的には現場での作業には当たらず、あくまでマネジメントに集中して全体を管理していきましょう。

プロジェクトマネジメントのスキルをアップするためのポイント

プロジェクトマネジメントのスキルをアップするには、経験の積み重ねも大事ですが、ポイントをおさえることでよりスムーズにプロジェクトを進行することが可能です。

おさえるべきポイントを、各自見ていきましょう。

目標の明確化

目標の明確化とは、抽象的な表現ではなく、明確な成功基準を設定することです。

つまり、成果の成否を決める評価尺度を決めましょう。

また、最終の目的においてもメンバーが向かいたいと思えるものを設定し、「何を達成するか」「どのような機会を創出したいのか」も明確化。

以上を明確化するだけで、マネジメントとメンバーの共有意識を強めて、チームの協力体制を整えられるでしょう。

リスクの把握

常にプロジェクトを進行においてのリスクを把握し、適宜対応できる体制を整えましょう。

問題が発生してから施策をおこなうのではなく、問題がおこる危険性が見えた時点で施策を練っている必要があります。

リスクを想定し、状況を確認した上でプロジェクトマネジメントを実行することで、遅延や停滞の回避が可能です。

リスクの把握と、適切な時期での対応は、プロジェクトをコントロールする上で欠かせません。

コミュニケーション能力をつける

プロジェクトメンバーとコミュニケーションを適切にとることは、プロジェクトの成功において必要不可欠です。

前章で説明した目標の明確化と共有に加え、リソースである人材を上手に活かすことも重要となります。

タスクの優先順位を確認し新人社員に余裕のあるタスクについてもらうなど、現場の人材の要望を含んだプロジェクト進行は、継続的な組織の成長につながります。

以上のように、プロジェクトマネジメントではコミュニケーション能力も欠かせません。

プロジェクトマネジメントのスキルをアップする方法

プロジェクトマネジメントのスキルをアップする方法は、現場での経験以外にもあります。

株式会社ビーイングコンサルティングが提供する、プロジェクトマネジメントのスキルをアップする方法を紹介していきましょう。

本で学ぶ

「Project Management進化論 クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント」は、弊社のコンサルタントの20年にわたる経験が詰まった本です。

日本でも成功事例のある経営理論、TOCによるプロジェクトマネジメントの方法が学べます。

「なぜプロジェクトには余裕がないのか?」と言う問題点から、「プロジェクトマネジメントを定着させる秘訣」まで紹介。

プロのコンサルタントのノウハウが詰まった本であり、プロジェクトマネージャーのスキルアップを手助けします。

セミナーを受ける

当社ビーイングコンサルティングは、定期的にプロジェクトマネジメントについて学べるセミナーを開催しています。

セミナーに参加することで、最新のコンサルタント事例や情報を学ぶことが可能。

また、リアルタイムでの質問もできます。

詳しく知りたい方、参加をご希望の方は「セミナー情報」をご覧ください。

コンサルティングを利用する

当社ビーイングコンサルティングでは、経営理論TOCの導入したことで実際に業務改善した経験をいかし、様々な業種・業界のみなさまへコンサルティングサービスを提供しています。

コンサルティングの利用で今まで気づいていなかった問題点を知り、プロのコンサルタントからアドバイスを受けることが可能。

コンサルティングを受けることで、プロジェクトマネジメントのノウハウを吸収できます。

当社ビーイングコンサルティングのコンサルティングでは、「やりつくした改善の先の改善」を実現し、継続的な組織の成長を手助けいたします。

コンサルティングでプロジェクトマネジメントがスキルアップした事例

続いて当社ビーイングコンサルティングのコンサルティングを利用して、業績が回復した事例を紹介していきます。

オリンパス株式会社様

オリンパス株式会社様は、当社ビーイングコンサルティングのコンサルティング利用により、問題の早期探知と対策を実現しました。

コンサルティング利用前は、現場マネジメントと組織マネジメントの、意識のずれによって問題解決の遅延が発生していたそうです。

そこで、コンサルティングの利用を開始。

解決の方向性として、以下の「3つの見える化」による対策を実施しました。

  1. プロジェクトの目的の見える化
  2. プロジェクト計画の見える化
  3. 進捗/問題対策状況の見える化

3つの見える化を図り、プロジェクトマネジメントにおいて注視すべきポイントが明確化。

プロジェクトマネージャー間の目的意識も合わせ、安心してプロジェクトにとりかかることができたそうです。

そしてプロジェクト進捗の把握や、タスクの洗い出しもスムーズに。

結果的に問題を早期に探知し、対策の実現を可能にしました。

Bosch Packaging Systems AG 様

Bosch Packaging Systems AG 様は、当社ビーイングコンサルティングのコンサルティング利用により、ポートフォリオの透明性を獲得し、アウトプットも増大。

コンサルティング利用前は、Bosch Packaging Systems AG 様は、リードタイムの長期化と停滞、結果的に顧客満足まで損なわれる問題を抱えていたそうです。

そこでコンサルティングの開始と共に、プロジェクトマネジメントツールのCCPMを導入。

新しい作業基準を決め、マルチタスクを削減しました。

加えてプロジェクト計画と、運営の変更も実施。

そしてコンサルタントによる客観的な意見を取り入れ、アウトプット増大とポートフォリオの透明化を実現しました。

まとめ:コンサルティングを利用しマネジメントスキルをアップしよう

プロジェクトマネジメントのスキルアップには、問題解決力の向上や、リスクの把握・コミュニケーション能力など多様な要素が求められます。

知識・経験を積むことも重要ですが、客観的な意見を得ることで見えていなかった問題の発見が可能です。

プロのコンサルティングを受けることでプロジェクトマネジメントについて学び、組織が抱える問題を解決に導くことができます。

プロジェクトマネジメントのスキルアップをしたい方は、ぜひコンサルティングの利用を検討してください。

なお、当社ビーイングコンサルティングが推奨する、TOC/CCPMについての詳しい資料は、下記よりダウンロード可能です。

無料資料ダウンロードへのリンク

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
6月29日開催 【IT業界関係者必見】元SEが解説する「プロジェクトマネジメントのアンチパターン」とは?
ビーイングコンサルティング
6月22日開催 【成功の理由を知る】TOC/CCPM導入による生産性向上事例セミナー ※HP非公開の事例もご紹介します。
ビーイングコンサルティング
6月15日開催 【経営判断の遅れ/ミスが命取りに…】的確な経営判断を倍速で実現するプロジェクトマネジメント革新セミナー
news
5 月連休に伴う休業のご案内
Internet Explorerのサポート終了に伴う『BeingManagement3』の対応について
新年のご挨拶
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top