img

コラム

           
プロジェクトへのインパクト見えていますか?

 

プロジェクト管理を行う際にガントチャートを利用して進捗を管理している際にイナズマ線を利用している方は多いのではないでしょうか?

イナズマ線とは、タスクの進捗率を結んだ線の事です。

 

このギサギサが左に伸びていれば予定よりも遅れている、右に伸びていれば予定よりも進んでいると視覚的に判断することができるツールです。

イナズマ線のメリットは
①遅れているタスクをピンポイントで見つけることができる
②遅れの度合いをイメージしやすい
などがあげられます。

たしかに、順調に進んでいるプロジェクトで1タスクだけ遅れていれば、容易にみつけることができ、集中して対策をとることができるでしょう。

しかし、複数の遅れが発生し、それぞれのタスクの長さも違う場合、遅れの度合いの比較ができるでしょうか?
どのタスクを優先するべきか判断できるでしょうか?

イナズマ線だけで判断するのは難しく、プロジェクトの状況やタスクの遅れ具合の比較を行うなど様々な分析を有識者が行って優先度を判断するでしょう。

つまり、有識者が分析しなければ「遅れているな。進んでいるな」程度の情報しか読み取ることができないため、遅れたタスクが複数あった場合、どちらを優先的に支援するかなどといった判断材料にはならいのです。

プロジェクトの遅れ具合・進み具合を正確に把握するためには、プロジェクトの構造上の問題を理解しなければなりません。

以下の図のように複数のタスクが合流して次の工程へと進むといったケースでは「全てのタスクが終わらないと次に進めない」という制限があります。

 

このような状況で、各タスクの進捗具合がバラバラで早く終わるタスクもあれば遅れるタスクもあった場合、以下の図のように一番遅れているタスクが完了してからからでないと次の工程に進むことはできません。結果、後工程は遅れてしまいます。

 

このようにプロジェクトの構造上、遅れは後工程に伝わるのです。

このことから「タスクの遅れによるプロジェクトへのインパクト」を把握するためには遅れたタスクの後工程にタスクがいくつあって、どのようにつながっているかを把握しなければなりません。

これをイナズマ線で表すと、以下のように遅れたタスク(開発B)の後工程全てが遅れるということになります。

 

タスクのつながりによってこのギザギザが現れる数などは異なってきますので、1つのタスクの遅れでギザギザが多く現れればプロジェクトへのインパクトが大きい、現れるギザギザが少なければプロジェクトへのインパクトは小さいと視覚的に判断できるでしょう。

しかしながら、複数のタスクに遅れが生じるとこのギザギザは複雑化し、どのタスクの遅れがどのくらい後工程に影響を与えるかは、もはやギザギザの数や深さでは追いきれないほどになるでしょう。

このことからタスクの遅れによるプロジェクトへのインパクトはイナズマ線では把握することができないため、複数のタスクが平行して進むプロジェクトで、どのタスクを優先的に支援するのか、どこに集中すべきか、ということを判断するのは難しいでしょう。

CCPMのバッファマネジメントを導入すればプロジェクトへのインパクトを正しく判断できます。 このバッファマネジメントがどのようにしてプロジェクトへのインパクトを導き出すのか、何をすればよいのか、といった内容は、弊社の無料セミナーでも触れておりますので、是非ご参加いただければと思います。

 

以上

コンサルタント
荻原 吉貴

case

弊社TOC事業の取引先企業と導入事例の一部をご紹介します。

ビーイングコンサルティング
【シャープ株式会社様】
わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮

プロジェクトマネジメントを利用した企業文化のイノベーションは、いかにして実現されたのか――。シャープ株式会社にもたらした変革の過程を、実際のイノベーションリーダーの経験談を交えながら紹介する。

ビーイングコンサルティング
【マツダ株式会社様】
開発期間50%短縮を実現

マツダ社で開発・製造する自動車技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」のパワートレイン開発にCCPMを全面適用し、大成功を収めたマツダだが、改革の始まりは”草の根活動”がきっかけだった。マネジメントへの信頼がイノベーションを加速し、チームワークが最大化された過程を紹介する。

ビーイングコンサルティング
【東芝デジタルソリューションズ株式会社様】
完成品在庫68%削減

TOC導入をきっかけに「キャッシュフロー大幅改善」「リードタイム大幅短縮」「棚卸資産大幅削減」を達成した事例を紹介。そもそも、なぜTOCを導入する決断に至ったのか、また大きな組織で成功を収めるためには何が必要なのか、各過程を振り返りながら会社に起こった変化を追う。

seminar

弊社では定期的にTOCに関連するセミナーを開催しております。
ノウハウ、事例紹介、体験型と多様なスタイルのセミナーを用意しておりますので目的やご希望に沿ったセミナーにご参加ください。

ビーイングコンサルティング
11月16日開催 【経験豊富なコンサルタントがお悩み相談をお受けします】
プロジェクトマネジメント座談会
ビーイングコンサルティング
11月9日開催 【プロジェクト管理ツールでCCPM体験!】
体感型プロジェクトマネジメントセミナー
ビーイングコンサルティング
11月4日開催 【TOC流】経験豊富なチーフコンサルタントが解説!
プロジェクトマネジメントのアンチパターン
news
夏期休業のご案内
Youtubeチャンネルを開設しました
5 月連休に伴う休業のご案内
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

弊社では日本における数多くの導入経験/成功経験を有しており、どのような業種・業態の組織でも幅広い知識とノウハウでお客様に最適なマネジメント変革をご支援いたします。無料での相談もできますので、なにかお悩みがありましたらぜひお問い合わせください。また無料で参加できるセミナーの随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

imgpage top