サプライチェーン・小売

独創的なアプローチの品揃え最適化と
実証済みのTOCサプライチェーンメソッドによる
利益の最大化
劇的な在庫回転率の改善とキャッシュフローの増大

小売業の課題

「店舗にないものを売ることはできない、しかし顧客が何を買いそうか事前に知ることはできない。」

  • 店舗を在庫で溢れかえらせることなく、売れ筋商品の高いアベイラビリティ(*)をどうやって保証するか。*アベイラビリティ:顧客が欲しい商品をいつでも購入できる状態にあること。
  • 売れ残り品を溜め込まず、顧客を混乱させる(過度な品揃え)ことなく、どうやって販売機会を逃さないために最適な品揃えを維持するか。
  • どうやって品揃えの新鮮さを保つか - 売れ残り品を溜め込まずに、高い成功率で新商品を投入し続けること。

膨大な数の商品アイテムを扱う店舗環境において、信頼性が高く効果的なプロセスで上記全ての課題に対処するための方法とは。

1
過剰在庫が発生する

2
欠品が発生する

3
適切な品揃えがわからない

4
在庫回転率が低い

5
値引きにより利益が損なわれる

小売業のジレンマ

  売上増大 VS コスト低減
アベイラビリティ 仕入れを増やす? VS 仕入れを減らす?
品揃えの豊富さ 陳列商品を増やす? VS 陳列商品を減らす?
品揃えの新鮮さ 新商品を増やす VS 新商品を減らす
棚スペースを確保のための
値引き販売
VS 定価販売

販売機会をより多く獲得するためのプロセスの同期

  • 新商品投入 VS 過剰な在庫
  • 品揃えとアベイラビリティ VS 古い在庫
  • 販売促進 VS 利幅の確保

従来の解決法

  • 新商品の品数を増やして売上を伸ばす
  • 古い在庫を値引き販売する
  • 長期の需要予測に基づいて在庫を仕入れる

市場が大きく変化するなか、売り上げを伸ばすために新商品の投入は欠かせません。
しかし、新商品の中にも「売れる商品」と「売れない商品」があるため、店舗の都合を無視して新商品を追加し続けると「売れない商品」が在庫として残り、在庫回転率が損なわれます。

新商品の企画・開発に着目すると、商品の製造リードタイムが長いために、多くの商品はシーズンよりも数カ月、長いと1年前に企画を開始せざるを得ないという状況があります。実際の販売シーズンまでの期間が長ければ長いほど、売れ筋商品の見極めなどは困難になり、このような状況下、多くの陳腐化在庫を抱えてしまうのは当然の結果といえます。

在庫一掃のディスカウント販売を行うと、結果としてROI(投資収益率)が悪化してしまいます。これを補おうと別の新商品を投入すると、さらに在庫が溢れるという状況に陥ります。これが多くの場合に見られる「負のスパイラル」です。

市場が大きく変化するなか
従来の解決方法ではもはや限界...

売れ行きが異なる商品グループごとに異なる扱い方が必要です。

  • ヘッド(売れ筋商品)- 目標在庫水準の動的な調整、上流への在庫の集約と多頻度な補充による、低い在庫水準と極めて高いアベイラビリティの保証
  • ベリー(定番商品)- NPI(新商品投入)と商品入替えによる品揃えの新鮮さの維持
  • テール(売れ行きの悪い商品)- 積極的なEOL(販売中止)と店舗間在庫ローテーション

売上、利益、在庫回転率を大幅に改善するには、商品グループ(ヘッド、ボディ、テール)を素早く特定して、グループごとに異なる扱い方をしなければならない。

ヘッド:売上増進の動力源
ボディ:品揃え多様化増進の動力源
テール:在庫削減の動力源

上記に述べた小売業の問題を解決するための私たちのメソッドは、

  • サプライチェーンと販売の重要なプロセスを同期して、売れ筋商品の高いアベイラビリティを保証します。
  • 商品カテゴリーごとに過度な品揃えを未然に防止します。
  • 市場での実際の需要に素早く反応します。

既に市場で十分実証されたメソッドを使って、私たちはこれらのコンセプトを効果的に適用し、以下の諸問題を解決することができます。

  • サプライチェーンにおける問題
  • マーチャンダイジングにおける問題
  • NPI(新商品投入)における問題
  • EOL(販売中止)における問題
  • 品揃え最適化における問題
  • 棚管理における問題
  • サプライヤーとの関係における問題