TOCとは

TOC(制約理論)

TOC(Theory of Constraints:「制約理論」)は、『どんなに複雑なシステムでも、常に、ごく少数の要素に支配されている』という仮定から出発した包括的な経営哲学です。ここでいうシステムは、会社や部門、行政、病院、学校といった組織を指します。そして、「ごく少数の要素」は、システムの制約または制約条件と呼ばれ、TOCの名前の由来になっています。
[詳細はこちら]

プロジェクト

品質とコスト間の妥協なしに、現在のリソースでプロジェクト期間を大幅に短縮!
[詳細はこちら]

サプライチェーン・小売

売れ筋商品の欠品防止による収益最大化と在庫回転率の改善によるキャッシュフロー増大!
[詳細はこちら]

受注生産

投資なしに短期間で「工期半減」「仕掛削減」「納期遵守率向上」を全て達成!
[詳細はこちら]

見込生産

需要予測に頼ることなく、作り過ぎのムダと欠品による機会損失を大幅に低減!
[詳細はこちら]

TOC関連書籍

TOCに関するお薦めの書籍をご紹介します。
[詳細はこちら]