コンサルタント紹介

シニアコンサルタント 工藤 崇 Takashi Kudo

シニアコンサルタント
工藤 崇 Takashi Kudo

■プロフィール
製造業、IT業、流通業、行政など幅広い業界にて、TOC(制約理論)の導入に携わる。

早稲田大学哲学科社会学専修卒。
前職にて、ダニエル・ゴールマン著「EQ こころの知能指数」で一躍有名になったEmotional Intelligence理論の提唱者が顧問の人事系ベンチャー企業に参画。
その経験から組織風土改革や人材開発の領域にも造詣が深い。

ヘッドハンティングにより、TOC(制約理論)の世界的リーディング企業である株式会社ビーイングに入社。

■有資格
TOCICO Certified Practitioner
TOCICO 登録ジョナ(思考プロセス)
TOCfE 国際認定資格

シニアコンサルタント  後藤 智博 Tomohiro Goto

シニアコンサルタント
後藤 智博 Tomohiro Goto

■プロフィール
2001年、株式会社ビーイング入社。建設業向けソフトウェアの販売に従事後、営業企画部門にて企画・マーケティング業務を行う。社内の商品開発にTOC及びCCPMが導入され感銘をうける。CCPM対応プロジェクトマネジメントソフトウェアの誕生をきっかけに、2005年よりTOC及びCCPMのコンサルティング専門部隊として活動を開始。

自動車メーカーの新商品開発をはじめとする製造業、IT、医療、建設業など東証一部上場大手企業や中小企業へのTOC及びCCPMの導入・実践・定着を数多く手掛けており、そのコンサルティング手法・幅広い知識・経験には定評がある。

■有資格
TOCICO登録ジョナ(思考プロセス)
TOC-CCPMスペシャリスト
TOC-DBR/MTAスペシャリスト
TOCfE国際認定資格

■発表実績
PMI日本フォーラム2009
「リスクの高いプロジェクトの目標を達成する方法スコープ調整を考慮したCCPM適用事例」
TOCICO国際カンファレンス2014
「Bottom-up implementation of Multi-Project CCPM -Case study of Mazda, Japan-(マツダ株式会社のケースから考える日本におけるボトムアップ型マルチプロジェクトCCPM導入)」

コンサルタント  西郷 智史 Satoshi Saigo

コンサルタント
西郷 智史 Satoshi Saigo

■プロフィール
TOC(制約理論)の新製品開発やR&D、情報システム、システムインテグレーションやパッケージ開発などのIT業への業務改善経験が豊富。
情報システムの要件定義、設計業務、コーディング、品証、システム構築の上流から下流まで等、前職の経験から実務をベースとしたコンサルティングを得意とする。

大学では機械システム工学専攻ということもあり、IT業や製造業のコンサルティングを得意とする。

コンサルタント  中井 博胤 Hirotsugu Nakai

コンサルタント
中井 博胤 Hirotsugu Nakai

■プロフィール
東京工業大学大学院修了。大手特許事務所で国内外企業の大手ソフトウェア、電気、機械、自動車など幅広い産業を担当。
2005年より国内最大手の飲食店情報検索サイト運営企業に参画。社長室長として新規事業の計画立案、事業部門での戦略実行などの経営サポートに 携わる傍ら、グループのシンクタンクの設立に参画。
各種調査事業などを担当した。経営視点から現場視点まで、企業のミッションを背景に、企業全体のスループットの向上にこだわったコンサルティングを提供する。
講義・講演の実績も多く、東工大非常勤講師、Rubyコンテンツビジネス振興会議顧問なども務めた。

コンサルタント  渡瀬 智 Tomo Watase

コンサルタント
渡瀬 智 Tomo Watase

■プロフィール
上智大学理工学部卒。金融系システムエンジニアとしてオンライン取引システムの設計・開発・保守運用を長年担当。プログラマーからプロジェクトマネージャーまで幅広い経験を積み、その経験を活かした「現場が分かるコンサルタント」として対話を重視したコンサルティングを得意とする。
長年における過酷なIT現場の経験と趣味のジョギングで培った体力には自信がある。

シニアアドバイザー デイビッド・アプデグローブ David Updegrove

シニアアドバイザー
デイビッド・アプデグローブ David Updegrove

■プロフィール
米国シアトルのボーイング社で20年に渡り生産技術エンジニアとして働く中、1980 年代後半からドラム・バッファー・ロープ(DBR)のインプリメントを実施。その劇的な成功により、ボーイング社内のTOCコンサルタントに任命される。

2000年2月初旬、ボーイング社を退社しTOC専門のコンサルタントに。初めてTOCソフトウェアの世界へ身を投じ、日米間の仕事に深く携わる。翌2001年からは独立コンサルタントとして、DBRとCCPMのインプリメンテーションで多くの顧客を成功に導く。ジョージア州アルバニーの米国海兵隊オールバニー・メンテナンス・センターは、その中で最も有名な実績である。

2004年には他の3名のトップコンサルタントと共にTOCコンサルティング会社Afinitus Groupを設立。米国、日本、カナダ、ドイツ、UAE、オマーンなど、世界各地でトレーニングとコンサルタントを行う。

2010年、ゴールドラット博士からの強い要請を受け、イスラエルのGoldratt Consulting社の一員として、インドにある企業で世界最大規模のCCPMをインプリメントして成功。制約理論(TOC)に関わって25年間以上にわたる豊富な実務経験を持つ。

戦略パートナー ヤニフ・ディヌール Yaniv Dinur

戦略パートナー
ヤニフ・ディヌール Yaniv Dinur

■プロフィール
TOCの第一人者として世界的に認められ、2006年からゴールドラット博士が亡くなる日まで、博士の側近中の側近として活動。
2013年6月までゴールドラット・コンサルティングにて、グローバル・アカウント・ディレクター兼アジア太平洋、欧州地域ディレクターを 務め、その間、世界中で製造、サプライチェーン、CCPM、小売業におけるTOCの大規模なコンサルティングプロジェクトを主導。

ゴールドラット・コンサルティング以前の20年間は、Comverse社(ナスダック:CMVT)、Metalink社(ナスダック:MTLK)、 Emblaze社(LSE:BLZ)など業界を代表するハイテク企業においてワールドワイドにセールス、マーケティング、事業開発担当のバイスプレジデントとして、また、新興企業(Knownet Inc.)のCEOや防衛分野Rafael社のセールスディレクターとしても活躍。

■有資格
イスラエル工科大学MBA
テルアビブのバル=イラン大学経済学学士号
イスラエル海軍兵学校卒 長年、潜水艦隊の将校として従事。