導入プロセス

お客様の抱える問題と状況をお聞きすることからはじめます

状況に合わせた問題解決のため、まずはお気軽にご相談ください

お客様と一緒に、お客さまの現状に合わせたプロセスを構築いたします。
私たちのコンサルティングサービスにおいては、お客様の状況の把握と問題の特定が最も重要です。
仮に問題が特定できていない場合や、問題に合意頂いていない場合は、コンサルティングを開始しません。

▶導入プロセス

※一例です。ご相談内容によりプロセスは変わります。

事前打ち合わせ
  • 標準日数:1日~3日
  • 対象者:業務担当者、業務責任者
  • 成果物:共通認識
中核問題の特定・抽出・合意
  • 標準日数:1日
  • 対象者:業務担当者、業務責任者、各ステークホルダー
  • 成果物:中核問題、問題構造ツリー

※問題特定に要する日数はわずか1日。TOC導入プロセスの特徴です!

問題の特定・抽出・合意
解決方法の確認・体制作り
  • 必要リードタイム:ご相談日から最短1.5ヶ月程度
  • 対象者:業務担当者、業務責任者、各ステークホルダー
  • 成果物:ロードマップ、運用基盤

 

問題の特定・抽出・合意
解決方法の実施
  • 必要リードタイム:ご相談から最短2ヶ月
  • 対象者:業務に関わる全ての方
  • 成果物:継続的改善のステップ

▶お客様の声

事前打ち合わせフェーズ

A社 本部長

最初は興味本位で問い合わせましたが、真摯に対応して頂きました。周囲を巻き込むコンセンサスの取り方や方法など、弊社に合ったやり方を提案してくださり、その後も無理なく進めていくことができました。

B社 推進担当者

少し知識を持っていたためソリューションを早く知りたいと焦りましたが、何故か「思いと違う」ことに焦点があたり、妙な焦燥感がうまれました。それでも、日々の悩みに触れているようで不思議な感じが残りました。次のステップへの期待感であったと思います。

問題の特定・抽出・合意フェーズ

A社 本部長

本部長職に就任して5年、様々な問題に直面してきましたが、似たような問題が新たに出てくる事がありました。
たった1日のセッション(注1)で、問題の根本原因が明確になり、解決の方向性が提示された事に非常に驚いております。
また、私だけでなく、セッションに参加した他の幹部も共通のイメージを共有できたことも嬉しく思います。
(注1)…セッションの日数は協議により決定致します。

B社 推進担当者

問題特定のためとなると、日々感じている悩みなどを遠慮なく表へ出すことができ、自分の悩みも組織の悩みも繋がっているという安堵感と、これから個ではなく組織で解決するんだという安心感・期待感が生まれている気がしました。
不思議ですが、集まった人は問題が明らかになるのに、笑顔になっていました。

解決方法の確認・体制作りフェーズ

A社 本部長

根本原因を解決していくプログラムで、前フェーズとの関連性が見えた事が良かったと思います。
コンサルタントの方が用意(分析)した叩き台を使いましたが、最終的に自分たちの言葉や状況に置き換えることができ、具体的なアクションプランまで構築できたので実用度も高いものができたと思います。

B社 推進担当者

前のフェーズでロジカルな思考がある程度身についているせいか、意外と淡々と必要なことについて考えてしまったように思います。普通のコンサルティングとは一風変わり、どちらかというと地味に思えましたが、関係者が「何故」を確認しながら進めることは、今後の推進力に大きな影響があると思いました。

解決方法の実施フェーズ

A社 本部長

親身になって相談に乗っていただけた事はもちろん、こちらが納得するまでお付き合いいただけた事に感謝しています。パラダイムをシフトする事は大変難しいと実感すると共にコンサルタントの存在の重要性もまた実感しております。

B社 推進担当者

なんといっても最初のアクションをどう越えるかがポイントだと思います。全てはこの一点に始まるということを随分後になって感動しました。
考えてみると当たり前の現象なのですが、現実は全く逆のことをしていると痛感しました。