マルチタスクって悪いこと? 歩きスマホも悪いマルチタスク!?

仕事の効率を下げてしまう「悪いマルチタスク」。
組織のフローを阻害する元凶とも言われ、改善するだけで大きな効率化が期待できます。
一方で、

「マルチタスクは本当に悪いことなのか?」
「マルチタスクで行ったほうが効率は良いはずだ」
「マルチタスクで行わないと間に合わない」

という声をお聞きすることがあります。

1つのリソース(人、機械など)が複数プロジェクトの複数の作業/タスクに割り当てられていること自体は、必ずしも悪いことではありません。

問題は、「現在実行している作業/タスクを中断して、他の作業/タスクを実行する」ことで生まれてしまいます。

日常生活の中で、「悪いマルチタスク」によって起こっている問題をいくつか。
例えば、「歩きスマホ」。
歩きスマホを実行している本人としては、

歩いて目的地に向かう
スマートフォンで情報を収集/発信する

という2つの作業を同時に実行しており、効率的だと感じているのでしょう。

しかし、一般的には、歩きスマホ=悪い、となっています。
なぜ、歩きスマホは良くない、歩きスマホは禁止といわれているのでしょうか?

目的地に向かって安全に歩くためには、周辺の歩行者や自転車/自動車といった状況を随時把握し注意を払いながら、最適な速度で歩く、ぶつからないように避ける、歩くのを止めるといった対応を行う必要があります。

スマートフォンを操作するためには、スマートフォンの画面に表示される情報に注意を払わなければなりません。ましてや気になるキーワードがあれば、そのニュース記事を読むことに集中してしまったり、Facebook、LINE、TwitterといったSNSを利用して友人に返信する文章を作成することに集中してしまうということはよくあることです。

その2つのことを同時に実行することになります。
まさにマルチタスクの状態ですね。

現在実行している作業を中断して、他の作業を実行するということが、常に行われている状態になります。
歩くこと、スマホで情報を集めることは中断していないと思われるかもしれませんが、各作業に対する“注意力”は中断と再開を繰り返しています。注意力が片方の作業に向いた際、もう片方の作業には必要十分な注意力が向いていないことになります。注意力が散漫になってしまいます

結果として、周辺の人に衝突する、自転車/自動車と接触する、スマホを落とすといった問題を引き起こし、本人のみならず、周囲の人に迷惑をかけてしまうのです。
それは、時には甚大な問題に発展することさえあります。

自動車を運転する際に携帯電話を操作することが禁じられるようになったことも、まさに悪いマルチタスクを防止し、最悪な結果を生まないために取られた対策です。

そのような甚大な問題に発展していない場合でも、流れ(フロー)が阻害されていることもよくあります。
駅や商店街などで歩いている時、もう少し早く歩きたいのに、前の人が周辺よりも歩くのが遅く早く歩けない。実はその人はスマートフォンを操作していて、歩くスピードが周辺よりも遅くなっていたという経験をされたことがあるのではないでしょうか。
悪いマルチタスクによって注意力散漫となり、フローが阻害されている典型的な例です。

このような現象は、企業/組織の中でも起きています。
例えば、プロジェクトに問題を発生させ、遅延や炎上につながり、組織のフローが大きく損なわれてしまうことも多々あります。

人間の注意力には限界があり、同時に実行できることは本当に限られています。
その注意力を損なわず、上手くフローを維持することができれば、同時に実行して悪いマルチタスクになるよりも、より早く、より良い品質のものが完成するのではないでしょうか。

「悪いマルチタスク」が本当に効率を低下させているかどうかを実感できる簡単なゲームがありますので、次回、ご紹介いたします。

以上

シニア・コンサルタント
後藤 智博

Facebooktwittergoogle_plus
Posted in ブログ and tagged , , , , , .