プロジェクトの失敗談

前職ではITプロジェクトのプロジェクトマネージャーとして奮闘していました。
TOCに携わり当時のことを振り返ってみると反省することばかりです。

今回はそんな例を2つ上げたいと思います。

◆例1:全体最適の意識不足

あるサイトリニューアルのプロジェクトに携わった時のことです。
巨大なシステムでしたので、機能ごとにプロジェクト化されその1つを担当していました。担当プロジェクトは順調に進み、他のチームに比べて残業も少なく、進捗会議でも少し誇らしい気分になっていました。

今思えば、「自分のプロジェクトは上手くいっているが、他のプロジェクトは上手くいってないなぁ」とどこか心の片隅で他人事のように思っていたのだと思います。

プロジェクトが進み、リリース前になって他のプロジェクトが火を吹き、仕様の再検討からやり直しになり、結局リリースは延期になってしまいました。
プロジェクトの進行中も色々なトラブルがあり、上手くいっていないことは把握していました。
そして炎上した時も「要件定義を詰めていないから当然の結果で、自分のプロジェクトは上手くいっているから大丈夫だろう。」と思っていました。

しかしながら、これはとんだ勘違いでした。まさに当時の私は、部分最適を誇らしげに行っていたのです。

プロジェクトが上手くいっていない時に、もし自分のプロジェクトメンバーを応援に行かせていれば、もしトラブル発生時にすぐに皆で知恵を絞れていれば。。
もしかするとその機能の技術的難易度が高かっただけで、不測の事態が発生していたら自分のプロジェクトも遅れていたかもしれない。などと恥ずかしながら反省することばかりです。

◆例2:見失っていた目的

また別のプロジェクトで、ECサイトの保守を担当していた時期に発注処理でトラブルがありました。

その時に責任者である私が取った行動は、まず異常の原因を調査し、原因を解消して発注処理をしようというものでした。黙々と調査をしていると、上司から「お前は何をしているんだ?まずしないといけないことは何か考えてみろ!」とこっぴどく怒られました。

ECサイトですので当然その先には購入者がいて、商品が配達されるのをワクワクして待っているかもしれないし、発送できなければ非常に困る事があるかもしれないのに、当時の私は視野が狭かったので目的をシステムの範囲でしか捉えることでてきていなかったのです。

本当の目的は注文してくださったお客様に確実に商品を届けることでECサイトはその手段の1つに過ぎないという事を日々の業務の中で見失っていました。

◆目的の重要性

pylamid捉え方で仕事の活力や情熱が大幅に変わるという有名な例え話があります。
『ピラミッドを作っている人に「何をしているんですか?」と聞くと、ある人は「石を運んでいます。」と答え、ある人は「ピラミッドを作っています。」と言った。

まさに私は石を運ぶ事に意識をとらわれてピラミッド全体を見ることができていなかったのです。

TOCに出会い、プロジェクトに限らず、仕事は皆で1つの目的に向かってマネージャーから新人まで各々が、≪今やるべき事≫、≪今やるべきでない事≫の優先順位を明確にして進める事、組織の目的に沿って全体最適の視点でチームをマネジメントする事の大切さに気付かれました。

一見複雑に見える市場や組織、業務でも、本来その目的はシンプルなはずです。もし、目的を見失っているなと感じたら、まず少し立ち止まって、メンバーと一緒に目的を見つめ直してみてはどうで しょうか。

コンサルタント
西郷 智史

Facebooktwittergoogle_plus
Posted in ブログ and tagged , , , , .